スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンチレーション式サーベイメーターDose RAE2買ってみたw

先日JB4020ガイガーミュラー管方式の放射性測定器を買ってみましたが、どうもガイガーカウンターの特性上、低線量下では、ぶれ幅が大きく5分程計測して平均値をださないといけないような感じでしたので、シンチレーション式でありながら、比較的安価なDoseRAE2というモデルを購入してみました。

Dose RAE2正面Dose RAE2裏面

福島の原発事故以降、あらゆる核種の放射性物質が放出されております。
α線・β線・γ線があり、現在入手性のよい5万円以下のガイガーミュラー管を使ったものの多くは、β線・γ線を検出するものとなっているようです。

α線は、そもそもマイカ窓を搭載したものでしか計測できません。
β線は、貫通力も弱く、飛距離はありませんが、ガイガーミュラー管に反応しやすいです。
一方、γ線は貫通力、飛距離はありますが、ほとんどガイガーミュラー管に反応しないため、多くが予測による算出値となります。

低価格帯の測定器は、おおよそ1mの距離で正しい値が表示されるように設計(校正)されているため、ゼロ距離で計測するとβ線ばかりに反応してしまい、まったく正しい値が表示されないようです。
一般的に発表される放射線量は、γ線のみとなるため、β線を含めた値ですと大きく見えてしまうのもやっかいです。
何となくスペック的に全ての放射線を測定できた方がいいように感じますが、正しい値を求めるためには、γ線のみ地面から1m離して正しい計測を心がけなければなりません。

今回購入したDose RAE2は、シンチレーション式でγ線のみ検出となるため、そういった杞憂もありません。
最近は比較的入手性がよくなっているようですが、購入しようと思ったときはちょっと高価であったため、米国サイトのDon Wolf & Associates, Inc.でオーダーしてみました。
http://www.donwolf.com/

オーダーしたら、メールがきて日本の代理店から買ってねと・・・w
紹介してくれって連絡してないのに、勝手に個人情報漏洩www
紹介された代理店
http://www.kkmkc.co.jp/

アメリカで買うと$495(約\40,000)なのに、この代理店から買うと\88,000らしいです。
試しに\45,000なら買ってもいいよ!ってメールしたら、お断りされましたw
足下見やがってwwwww

Don Wolfでは日本では買えないと下記サイトに書いてあったので、実は織り込み済みで米国に住んでいる友達宛に送って買うなら問題ないかメールしたら、問題ないとのことでオーダーしました。
http://www.mikage.to/radiation/detector.html

在庫がないのか発送までに2.5週かかるとメールがきましたが、まあ安く買いたいと思ってオーダーしたんだしいいかな~とお願いしちゃいましたw

ちなみにこの製品、ジーエスラボ社というところも購入できるようで、日本語マニュアルを下記にて公開してくれております。
この会社は実に良心的な会社のようですw
http://blog.gslab.net/raesystems/doserae2/

待つこと約3週間日本語マニュアルを読んで、脳内シミュレーション・・・。
(実はダウンロードして、印刷しただけw)

ブツが届きました!
かなり小さい箱
Dose RAE2箱

箱を開けるとこんな感じ
Dose RAE2内容物

USB延長コネクタが曲がってたw
Dose RAE2付属USB延長コネクタ

ケータイ・マウスと比較するとこんな感じ
Dose RAE2付属品比較

ラバーケース・ビニールケースに入れるとこんな感じ
Dose RAE2ラバーケース

下記のサイトにレビューがでております。
米国で買われたようですが、パッケージおよび内容物が異なるようです。
http://www.mikage.to/radiation/doserae2.html

主な相違点
・本体色・デザイン・裏面
・パッケージ
・マニュアル
・USB延長ケーブル
・本体ラバーカバー
校正は5/18らしく、出荷したてのほやほやのようです。
まずは、標準でついているクリップを下記の手順ではずしちゃいます。
http://blog.gslab.net/raesystems/doserae2/#comment-159

次にマニュアル見ながら、初期設定をします。
ボタンがちょっと堅めです。
デフォルトでは、小数点以下の表示がなく表示単位がことなります。
β線が含まれないためか、JB4020に比べ低めに表示されました。
だいたい木造1F室内で0.07~0.09マイクロシーベルトで、安定しています。

シンチレータのサイズが、価格相応であるためか、やや機敏ではないように感じます。
おおよそ、5分くらいで安定した数値に落ち着きます。
PDR-111:20×25×15mm=7.5cm3
PA-1000:19×19×15mm=5.4cm3
PM1703M:10×10×30mm=3cm3
Dose RAE2:10×10×3mm=0.3cm3

下記で、自作ツールなど公開されているかたがいます。
http://www.icefree.org/206.htm

時間をみて、近所を計測してTwitterでつぶやいてみたいと思ってます。

情報可視化プロジェクト「カシカ」
http://map.kasika.org/home

ガイガーカウンターミーティングってのがあったみたいで、そこの資料がわかりやすいです。

ガイガーカウンターミーティングのスライド、グラフ等
http://nojirimiho.exblog.jp/13821646/

AmazonでDose RAE2の価格を調べる
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

tag : Geiger

コメント

Secret

プロフィール

cherrypy

Author:cherrypy
四方山話とか、にわかプログラミングなどについて語ります。

カウンター
はてな人気エントリー
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。