スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone古地図アプリ「東京時層地図」を買ってみた!

ブラタモリや都内のちょっとした歴史が好きなので、ちょっと高かったのですが、買ってみました。

明治初期から、年代別に見ることができるので、街の成長を見ることができます。
提供されている地図は、東京23区の明治初期・明治後期・大正・昭和初期・昭和中期・地形+GoogleMapです。


(画像は日本地図センターへのリンクです)

東京駅周辺(明治 9-17年→昭和30-35年)

(画像は日本地図センターへのリンクです)

リアル地図がiPhoneに取り込まれるので、600MBくらい容量をとられますが、オフラインでもみることができるのが利点です(サービス終了とかないので安心)。
オンライン系地図は、ソフトバンクの回線速度に依存するため、このアプリのように移動・ズームイン・ズームアウトがさくさくはいきません。

地形マップも提供されいるので、坂が多いところなどは、上空から街がどのような構造になっているのかとか参考になります。
都内沿岸部の多くは、明治初期には海だったりして、ちょっと出かけたときに見てみると、昔はこうなってたのかと感慨深いものです。
311の震災で、沼地や埋め立て地などもコレを見れば一目瞭然なので、これからの家探しする方にも役立つかもしれません。

簡単に切り替えて地図を見比べることができます

オンラインで、goo古地図をみれば江戸時代や昭和時代の航空写真など見られるので、必ずしも必要のないものではありますが、さっとアプリを開いて快適にみれるので出先で役に立ちます。

不満点としては、古地図そのものが取り込まれているので、現在の地名などがちょっとわかりにくかったりするので、現在の地名のオーバーレイ表示などあったら、便利だろうなと思うときがあります。

goo古地図
http://map.goo.ne.jp/history/index.html

津波シミュレーション
http://flood.firetree.net/



ちなみにtogetterで見て知ったのですが、「こちずぶらり」ってアプリもあるそうです。
http://togetter.com/li/144974
こちらは、オンラインから地図を取り込むことができるようです。
togetterにもあるとおり、現在地のGPS情報が邪魔して、現在地と地図の位置が全くあってません。
現在地図と比較して楽しむというものではなく、古地図を見て楽しむもののように感じました。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : iPhoneアプリ
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : iPhone

コメント

Secret

プロフィール

cherrypy

Author:cherrypy
四方山話とか、にわかプログラミングなどについて語ります。

カウンター
はてな人気エントリー
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。