スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍のPDFスキャンサービスその後・・・

中古漫画全巻市場に依頼(入金・書籍発送)してから、1週間でデータ納品がされました。
申込時Webサイトでは、10日前後で納品と書いてありましたが、それより早かったです。

PDFの納品ですが、firestorage.jpのサービスを利用して受け渡しされました。
この辺はブックスキャンの方が自社のダウンロードサービスのようですから、一貫してそうで安心ですね。
10冊ですので、1GBを超える容量となり、ダウンロードに1時間程かかります。。。
フリーのファイル受け渡しサービスなのでダウンロードが超遅いです><
遅いのは仕方がないとは思うのですが、せめて3分割くらいにしてもらえるとうれしいところです。

今回依頼した本のページ数と容量を表にしてみました。
タイトルページ数容量(MB)
1正規表現ケーススタディブック19566
2 Ajax+Javascriptコマンドブック37690
3 Javascriptポケットリファレンス644130
4 MySQLコマンドブック422102
5 PHPポケットリファレンス618168
6 はじめてのPHP5プログラミング373166
7 みんなのPython468127
8 みんなのPython Webアプリ編33033
9 The UNIX Super Text[上]654259
10The UNIX Super Text[下]78689


さすがにスキャンした電子ブック(といっていいものかわかりませんが・・・)はデータがでかいですねw
しかも容量にばらつきがあるw
どのくらい圧縮されるのかわかりませんが・・・他のサービスにはないファイル圧縮サービスオプションもありました。

ファイルを受け取ったら、原本が破棄される前に、下記項目は確認しておきたいところですね。
・ページ飛びがないか(空白ページはスキップされます)
・裁断場所によって、文字の切れがないか
・うまく読み取れてないページがないか
・OCR処理がきちんと行われているか

今回スキャンサービスを使ってみた感想
よかった点
・約5,000ページにもなる本を手間と費用をかけずにPDF化できた
・読み古した本でしたが、トリミングしてあるようで、縁もキレイに読み取られていた
・表紙もきちんと取り込まれていた

悪かった点
・ページ毎にカラー判定しているため、白黒判定の多い書籍ほどデータサイズが小さかったり不安定だった
(出来れば白黒判定は不要で、カラーかグレースケールかどちらかの判定にして欲しかった)
・ページ毎に微妙にサイズ(幅)が異なる
見開き表示にしたとき、片方のページが長いということがある

できあがった「みんなのPython Webアプリ編」のPDFのP.19~20はこのように取り込まれてました。
(左面が白黒・右面がグレースケールで、取り込み画像の高さが異なります)
みんなのPython Webアプリ版

まあ、あんまり気にする人は自分でスキャンしろってことでしょうかね?w
この辺業者によって違うのかなあ~?
他のサービスを利用したことがないので、わかりませんw

iTuneに登録して、iBookで読めるようになりました!
iBook

総評:
自炊した方が不満がないが、手間と時間をどう考えるか・・・といったところでしょうか?
大切な本ですから、上記を参考にしていただき、かかる費用面やリスクを考え導入するとよいのではないでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 本・雑誌

tag : iPhone Python

コメント

Secret

プロフィール

cherrypy

Author:cherrypy
四方山話とか、にわかプログラミングなどについて語ります。

カウンター
はてな人気エントリー
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。