スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VMware FUSION 5でBootCampのWindows 8.1を使う

Windows 8.1がリリースされました。
Windows 8.1はWindows 8のサービスパックみたいなもんだと聞いていたので、油断してアップグレードしてしまったのですが、再起動したら、エラーが表示されVMwareの起動ができなくなりました。。。

こうなってしまった場合は、一旦以下の手順にしたがって、アンインストールした後再インストールをします。
http://faq.act2.com/product/detail/?fid=437

次にVMwareのメニューのウインドウ→仮想マシンのライブラリを開いて、Boot Campの仮想マシンを一旦削除します。

仮想マシンライブラリ

そして左上の+マークの追加から、新しいBoot Campを作成します。

OSの確認

自動で仮想環境が作成されますが、OSをWindows 7と認識されるので、Windows 8に変更します。
ついでに、CPUのコア数も自分のパソコンにあったものに変更しておくといいかも?

CPUコア選択
ひとまず起動することはできるようになりましたが、マウスカーソルが仮想環境とMac環境をシームレスに移動できないようです。。。

VMware Toolsがアップデートされるまでは、⌘+Controlキーを使って仮想環境から抜けるしかなさそうです。

Windows 8.1を正式対応してなさそうなので、対応してくれない可能性もありますので、しばらく待って動きがなければ、Parallels Desktop 9へ乗り換えようかなと思ってます。


スポンサーサイト

テーマ : Apple
ジャンル : コンピュータ

tag : Mac

コメント

Secret

プロフィール

cherrypy

Author:cherrypy
四方山話とか、にわかプログラミングなどについて語ります。

カウンター
はてな人気エントリー
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。